夏に体重が減るのは何かのサイン?考えられる原因と健康を保つための対策

夏になるとダイエットなどしているわけではないのに、体重が減ることがありますが、その原因はなんでしょうか?

暑い時期になると、どうも体調が優れないです。

何かを食べるとすぐお腹がゴロゴロ…しまいには夜中に急に胃がギリギリと痛みだし、転がり回るほどに。

慌ててお医者さんに行くと「自律神経の乱れですね」と診断されました。

 

普段と違う体調の変化が出たとき、まずはかかりつけのお医者さんに相談しましょう。

そして私のように自律神経の乱れとか、夏バテなどと診断されたときどうしたら症状がやわらぐか、考えていきましょう。

 

check!その症状は夏バテ?つわり?症状の違いをチェック

 

スポンサーリンク

夏になると体重が減るのはこんなことが原因かも?

まず、暑さが原因なことは間違いありません。

ご飯はしっかり食べられていますか?
冷たいものばかり口にしていませんか?

 

暑いせいで清涼飲料水やアイスクリーム、かき氷などを食べ過ぎるとさすがに胃腸の調子が乱れてきます

すると、食事の時間に決まった量が食べられなくなります。

さらに、冷たいものの食べ過ぎで、お腹がゆるくなります。

そうすると、やっと入ってきた食事も消化吸収がままならないまま出ていってしまいます。

そして体重が減ってしまうというわけですね。

 

二つ目は、これが私の症状。

厳しい暑さと室内は激しい冷房。

夜はうまく眠れず、だから寝不足でまた気温の振り幅の大きい環境の中にいかなくてはいけない。

胃が痛んで、ご飯が食べられなくなって(私の場合はあまり変化はありませんが)体重が減ってしまう結果になるわけです。

 

最後の理由はやはり夏バテです。

暑さで体力が奪われ、そうは感じていなくても体は疲労を訴えています。

大量に汗をかくことで体に大事なミネラルも流出してしまい、バランスが悪くなり、単純に汗の分の体重も減っています。

そして体力が落ち、食事が十分にとれなくなってしまうんですね。

 

冷たいものやお素麺などの喉ごしのよいものは食べられているものだから、自分の食欲が落ちていることに気がつかない人もいるでしょう。

誰かに指摘されて、やっと「体重が落ちている…?」とわかるのかもしれません。

 

増えているんじゃないからいいじゃない、と思われるでしょうがこの暑い季節に食べられないことが原因で体重を落としすぎれば、少し涼しくなってきた頃にガクッと具合が悪くなってしまいます。

風邪も引きやすくなりますしね。

 

暑い時期、本当であれば楽しいイベントも目白押しの季節です。

こんなことで体調を崩していられないんだけど…と思った私はいくつかのことをやってみました。

これで万事快調!とはいきませんが、だいぶ緩和されてきたような気がします。

 

医学的に根拠があることではないので、体とよく相談して(元々疾患をお持ちのかたはまずはお医者様に相談なさってくださいね)取り入れてみてくださいね?

スポンサーリンク

 

夏になると勝手に痩せる…無理なダイエットをしていないのに体重が減ってしまうときは、こんな対策を。

暑い時期でも長袖をもって家を出ましょう

電車やお店の中は、クールビズとはいえかなり涼しいものです。

温度はそうでもなくても、外との気温差にやられてしまうんですね。

 

ここ数年ずっと、夏でもカーディガンを一枚羽織って外に出るようにしています。

UVカット機能がついたものなら、日焼け防止にもなりますしね。

そうすることで激しい気温差も上手に乗りきれるようになりました。

 

飲み物は常温以上で飲みます

やっぱり冷たい飲み物はほしくなります。

でも、氷をいっぱい入れた飲み物ではなく、やっぱり暖かい飲み物。

 

どうしても冷たいものがほしいときは、冷蔵庫の外で保管している炭酸水やお茶を飲みます。

慣れると意外とキンキンに冷たくなくても気持ちがいいものです。

 

とくに常温の炭酸水は胃の痛みを緩和してくれる効果があると聞いてからは、いつも持っています。

これ、冷たいものだと逆効果だそうなので気をつけてくださいね?

 

ご飯が食べられないときは、無理して食べない

もう一口頑張ろうなんて思った日には、30分後には胃がギリギリ…

あの痛みに耐えるくらいなら、食べられないものは食べません

なるべく食べられる量のお弁当を持参するか、外食になるときも最初から「ご飯は半分でお願いします」とお願いします。

 

途中でおなかがすくこともあるでしょう。

おなかが下っていないなら、正常に消化しておなかがすいているんですね!

 

そんなときのために小さなおやつを用意しています。

ドライフルーツや、シリアルバー

自分で作ったカップケーキを持っていくときもあります。

それを持っているから、今食べられなくても大丈夫となんだか安心するんですね。

 

消化がよく、身体が温まる物を食べて寝る

そして、私にとって一番問題の夜お腹が痛くなって眠れない時にどうするか

これは、夜ご飯を食べないことでなんとか和らいできました。

食べないんじゃダメじゃない。という声も聞こえてきそうですが、もちろんなにも食べないわけではありません。

 

キャベツや玉ねぎ、ニンジンなどを適当に切ってスープを作ります。

とにかく冷蔵庫にあるもの、なんでも入れちゃいます。

キノコ、コーン、ベーコンは出汁が出るので重宝します。

ブロッコリー、鳥ハムの端っこ、セロリなどなんでも。

 

そして必ず生姜を入れて、味は味噌でも醤油でも、コンソメでもトマトでもいいです。

それをフーフーしながら食べて(←猫舌である)夕飯はおしまい。

そして軽くお風呂に入って、お休みなさい!

 

繊維の多い野菜も入っていますが細かく切った上に煮込んであるので、消化にもいいみたいな気がします。

生姜のせいかポカポカしますし、何しろあんなに悩まされた胃痛が減りました!

 

万人に効果がある方法ではないかもしれませんが、消化がいい汁物を野菜も、一緒に溶け出した成分もみんないただくというのは、そんなに悪いことでもないような気がします。

食べられなくてストレスになっちゃっている人は、試してみてくださいね?

 

夏に体重が減るときの対策まとめ

いかがでしたか?

こうやって書き出してみると、「ご飯」として口にはできていないけれど、ちょこちょこ食べているから私は痩せないんだな。うん、わかった!

 

辛い症状が出ないうちはいいですが生活に支障が出るようになると、本当にきついですよね。

今年の夏は色々備えて健やかに過ごしましょう!

コメント